『kazutrip』起業家人生旅人ブログ

起業家人生を旅するように、考えを巡ることができます。

『kazutrip』「住所:地球」と言う為に。

f:id:souma134512:20171006173019j:plain

冒険心溢れる人間であれば一度は考えたことがあるのではないだろうか。

今、最も私がやりたいことがある。それが「全ての国を旅する」ということだ。

 

<目的>

①世界規模でビジネスをするのであれば、まずはその”世界”を見る必要がある。

②常に新しい毎日を送りたい。

 ①世界規模でビジネスをするのであれば、まずはその”世界”を見る必要がある。

まず前提条件として、私は世界中で社会に影響を与えられるような人間になりたい。一度しかないこの限りある人生。せっかくであれば、たくさんの人に「相馬一斗(私の本名)と出会えて良かった。」と思って貰いたいし。一人でも多くの人を幸せにしたい。そして、その活動を持続可能な形にする為にもビジネスという方法を活用するのだ。

 

「知り合いの為に、私は力を使いたい。」

若干21歳だが、おかげさまで全国から召集されて同世代ないしは各業界のトップの皆さんとお会いできる機会をいただいている。だから、全国各地に行くこともあるし、行かずとも、集まってきた人たちと東京で出会うことが多いのだ。

だから、彼らのために、いや、彼らと一緒に面白いことをしたいと思う。しかしだ、アイスランドや、ネパールの住民と一緒に何かをしたいとは思えないのだ。

それは、私にとっては、どこの誰だか話からない人。存在するか否かもわからない人だからだと思う。厳密にいうと、顔の見える関係であり、友人だからこそ愛着を持てるのであると考える。

これは人間関係においての話だが、あらゆるリソースにおいて言えることだと思う。

私が過去に住んでいたことがある地域は、「東京・青森」である。したがって、「東京・青森」にあるリソースを使ったアイデアであればいくらでも思い浮かぶのだが、他の地域にあるリソースを使ったアイデアはなかなか思い浮かばない。

今度はリソースに関する話であり、これは移住うんぬんでも言えることではなかろうか。

一度まとめてみよう。「世界規模でビジネスをするのであれば、まずはその”世界”を見る必要がある。」とのことだったが、それらの理由としては2つあり、①人間関係の構築の為 ②各地のリソースをイメージできるようにする為 ということになる。

 

では私が世界を旅したいと思う、大きく2つ目の目的といこう。

 

②常に新しい毎日を送りたい。

「Everyday is a new day!!(毎日が新しい日)」

社会人になり就職すると、毎日同じ道を通り、毎日同じ人と出会い、毎日同じ景色を見て。人によっては毎日同じご飯を食べるようになるだろう。それは(人生の選択を放棄するということは)私にとって、”死”を意味する。そんな生き方はもう嫌なのだ。だから私は旅をする。

 

「今日より若い日はない。」

多くの人は日を増すごとに、知識が増え、経験をこなし、ドンドンできることが増えていくだろう。だがしかし、大なり小なり寿命があるのも事実だ。年齢の観点からいうと、「今日より若い日はない。」というのがイメージしやすいだろう。不老不死ではないのだから、時を減れば老けていく。体は徐々に脆くなる。身体機能が高くなければできないようなことは、正直今しかできないのだ。だから、「もし若返ることができたら、、過去に戻ることができたら、、」そう考えたときに脳裏によぎることがあるのであれば、今日やろう、最悪でも明日やろう。後悔したくないならね。

 

少々話が散らかってしまったので、話を戻そう。私は、今この瞬間に、瞬間ごとに、新しいことを知りたいし、見たいし、やってみたいし。新しい人と出会いたい。そう、たくさんの”新しい”に触れたいのだ。

 

だから私は旅に出る。

 

出発の時期は2年後の2019年4月1日。それまでに準備をして出発しよう。

 

旅先では各地での出会いや景色の写真やレポートを残してこのブログを見てくださっている皆さんに想いを共有していこうと思う。

f:id:souma134512:20171006180540j:plain

f:id:souma134512:20171006180602j:plain

世界192ヶ国。各地域に1週間滞在したと計算すると、、

192ヶ国 × 7日 = 1,344日 1,344日 ÷ 365m日 = 約3.6年間

かかるみたい。笑 多分その2倍はかかるため、7年以上の旅になると考えている。資金面に関してはクラウドファンディングを利用して、沢山の人と旅を共有しながら資金調達して行く予定。詳細決まり次第こちらでも共有しますので、その際にはよろしくお願いします!